有資格者が在籍するipad教室でより深く学ぶ

subpage01

ipadの使い方が分からなければ、専門の教室で学ぶのが近道ですが、検定資格制度の再編から、その辺りの事情は、少し変化しています。



かつては、国家資格の情報処理技術者検定の有資格者が在籍する教室を選ぶのが、確かな知識と高度な技術を持った講師から学ぶ事ができるという、ひとつの指針となっていました。

しかし、Apple社が定めるアップル認定資格プログラムの登場により、さらに高度な知識と技術の証明が可能となりました。資格は、大きく分けて、ハードウェアに熟知した「修理サービス認定試験」と、オペレーティングシステムに熟知した「iOSサービス認定試験」に分かれており、特に「iOSサービス認定試験」の有資格者であれば、正にiOSを採用しているipadの使い方についても、高度な知識を持っている事が証明されています。

今話題のgoo ニュース情報探しならこちらをご確認下さい。

また、昨今必要となる知識は、ハードウェアとオペレーティングシステム、ソフトウェアだけでは足りません。


先日制定された、国家資格の「情報処理安全確保支援士」は、ウイルス、スパイウェア、マルウェアをはじめ、さまざまなハッキング行為によるサイバー犯罪からデバイスや情報を守るために、個人、企業、組織を支援する事を目的としています。

このような資格が制定されるのも、インターネットを取り巻く事情の大きな変化であり、仕事や趣味でデバイスを便利に楽しく使用するだけではなく、セキュリティについても、強く意識をしなければならない時代が訪れています。



ipadの使い方を、より詳しく、より深く学ぶためには、豊富な経験と、高度な知識と技術を持った、有資格者が在籍している教室を選択するのが、大きなポイントとなります。